バレンタインデーの起源

| コメント(0) | トラックバック(0)

バレンタインデーはセントバレンタインデー(St. Valentine's Day)とも呼ばれ、2月14日は、世界各地で男女の愛の誓いの日として祝われます。

バレンタインデーの起源は、269年にローマ皇帝の迫害下で殉教した聖ウァレンティヌス(テルニのバレンタイン)に由来する記念日であるとされているようです。

バレンタインデーの起源であるワレンティヌスは、キリスト教の聖職者で、恋人たちの守護聖人として信仰されてきました。

バレンタインデーの2月14日は、彼の殉教の日であり、彼の名をとって、バレンタインデーとよばれています。

ワレンティヌスの日が祝われたのは496年からとも言われていますが、バレンタインデーについてのエピソードが語られ始めたのは中世のことであり、バレンタインデーの起源は未だよく分からない。というのが実際のところです。

14世紀から15世紀のフランス語や英語で書かれた詩や文学には、聖ヴァレンタインの日と恋人たちが関係付けられて登場しています。

トラックバック(0)

トラックバックURL: http://1netsea.com/mt/mt-tb.cgi/75

コメントする

このブログ記事について

このページは、が2008年1月27日 23:47に書いたブログ記事です。

ひとつ前のブログ記事は「バレンタインデーの歴史」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。

カテゴリ

ウェブページ

Powered by Movable Type 5.0